• ロゴ
  • チェーンゾーン・テクノロジー(仏山)株式会社

高速道路中央制御システム


高速道路中央制御システムは、高速道路交通電気機械システムの重要な部分です。その主な機能は、現代の交通フロー観測、誘導と制御の関連理論を使用し、コンピュータ技術、閉回路テレビ監視技術、および情報マルチメディア技術の最新を使用することです。科学技術開発の実績、高速道路交通の運転条件、車両走行条件、道路環境条件の総合的な観察、走行経路の効果的な誘導・制御、走行路の制御など

現在、チェーンゾーン技術は、NTCIPプロトコル、MODBUSプロトコル、UTMCプロトコル、TLSプロトコルなどを開発しています。これらの通信プロトコルを使用して、ChainzoneテクノロジーのVMSは、さまざまな国の交通管制センターに正常に接続することができます。交通管制センターは、交通渋滞、交通事故、気象条件、道路状況など、道路上のすべての状況を監視することができます。同時に、交通管制センターは、道路状況に基づいてタイムリーな通知を発行し、交通の迂回を行うことができます。
 

その他のソリューション